人生++;

1日にたった1つだけでも前進すること

焼き餃子

材料

前回作ったときに「なんだか豚肉の臭みが消しきれていない」と感じたので、参照していたレシピにはなかったネギや韮を追加する。ネギは大さじ1.5で。塩揉みに小さじ1の塩だとしょっぱすぎるので0.5程度に抑える。

f:id:incarose86:20161105214510j:plain
f:id:incarose86:20161105220352j:plain

f:id:incarose86:20161105215028j:plain
f:id:incarose86:20161105215329j:plain

f:id:incarose86:20161105215918j:plain

まぜる

  • みりん 大さじ2
  • ごま油 大さじ1
  • こしょう 少々(5回)
  • しょうゆ 大さじ1

f:id:incarose86:20161105221923j:plain
f:id:incarose86:20161105222729j:plain

包む

皮も包み終えた餃子も乾燥から守る為にラップを徹底。20個作って12個は冷凍にまわす。

f:id:incarose86:20161105223154j:plain
f:id:incarose86:20161105230813j:plain

焼く

餃子は揚げ物だ!という格好良い言葉に感化され、油をけちらない(大さじ1)。
f:id:incarose86:20161105231019j:plain

底をしっかり焼く(揚げる)ために油につけるように置いていくが、結局油が集まっている周囲にリング上に並べることになった。
f:id:incarose86:20161105231145j:plain

餃子の1/5程度が浸るように「お湯」を入れる、ということで今回はお湯にする(今までは水)。これを注いだところ、フライパン上に余っていた油とこのお湯がはじけるはじける・・・危うく火傷するところだった。火傷はしなかったがフライパンの周りに油まじりの水しぶきが大量に。蓋をしてすこしだけ持ち上げてさっとお湯を流し込むべきか。
f:id:incarose86:20161105231205j:plain

完成

  • 底面はかりっとしていて餃子っぽくなった。ちょっとこげたのは反省点。
  • 蒸し焼きをしっかりする・皮を乾燥させない、を意識したおかげか耳はやわからくなった。まだ一部固いものあり。
  • 揚げる→蒸し焼き→さらに焼き目をつける、という順番だから油がはねることになる。蒸し焼き→焼き目をつける、という作り方もあるよう。

f:id:incarose86:20161105232250j:plain